渡嘉敷漁業協同組合

漁業者の皆様へ

漁業調整規則及び漁業法による制限、禁止事項について


  下記を守らないと沖縄県漁業調整規則違反となり、10万円以下の罰金と6ヶ月以下の懲役をあわせた罪に問われます。

禁止期間
 しゃこがい類(6月1日から8月31日ほで
 いせえび類(4月1日から7月31日まで


体長制限このサイズ以下をとってはいけません
  • いせえび類(体長18cm以下)
  • ヒメジャコ(殻長8cm以下)
  • シャゴウ(殻長15cm以下)
  • ヒレジャコ(穀長20cm以下)
  • ヒレナシジャコ(殻長30cm以下)
  • チョウセンサザエ(口径3cm以下)
  • ヤコウガイ(口径6cm以下)
  • サラサバテイ(殻の短径6cm以下)
  • ギンタカハマ(殻の短径6cm以下)
  • クロチョウガイ(殻高10cm以下)
  • マベガイ(殻高10cm以下)
  • エラプウナギ(体長60cm以下)
  • ウナギ(体長10cm以下)


イセエビ類・セミエビ類の漁獲ルール

  沖縄海区漁業調整委員会指示に基づく制度により、イセエビ類の他にも、セミエビ類も対象となります。※ ゾウリエビ類等は対象となりません。
資源の持続的利用のため、ルール遵守にご協力お願いします。


  1. 体長20cm以下の
    個体の採捕禁止
  2. 禁漁期:
    毎年4月1日から7月31日
  3. 卵胞個体の採捕禁止(周年)セミエビ類のみ

体長の測り方:
頭胸甲の前端から尾びれの後端まで

※ セミエビは右記サイズから
卵を産めるようになります。

えびさんの大きさ


参考:定着性水産物の推移(イセエビ類・貝類) 定着性水産物の推移


アカジン・マクブの漁獲ルール

アカジンとマクブの体長制限

※ 大事な資源。みんなの資源です。 ひとりひとりがルールを守りましょう。

保護の観点を持ち、必ず守ってください

  造礁サンゴ類、ウミガメ類とその卵は絶対に捕獲・採取してはなりません。
生物保護・地域環境保全のためにも必ず守ってください。

絶対とっちゃダメ!
!  造礁サンゴについては沖縄県において厳格な規則があります。
  こちらの沖縄県漁業調整規則、珊瑚の項をご一読ください。
ダメよダメよダメなのよ

マグロの標識回収にご協力ください

  パヤオ(浮魚礁)に集まるマグロの回遊行動を把握するための標識放流をしています。
標識の情報は、漁況予測や資源解析に大変重要です。
発信器または標識(背中にタグをつけ、腹の中に発信機を入れています)を見つけた方は、下記の情報をご連絡下さい。ご協力お願いいたします。(記念品贈呈)

標識タグ

  1. 漁獲日時
  2. 漁獲場所
    (緯度経度、漁場名、パヤオ名)
  3. 漁獲方法
  4. 魚種
  5. 標識の種類と番号
  6. まぐろのサイズについて
  7. 体長(尾叉長)、体重
  8. 見つけた方のお名前と連絡先
    (謝礼送付先)
沖縄県水産海洋研究センター 海洋資源・養殖班
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎 1-3-1
Tel:098-994-3593   Fax:098-994-8703

● 渡嘉敷漁業協同組合員は、直接、当組合に報告でも可。ご協力を!


マグロ類標識魚再捕報告書の記入例(報告用紙はこちら
報告書例
・1個体につきこの用紙1枚を使用してください。
・可能な限り、体長(尾叉長)は 0.1センチ単位、体重は 0.01kg 単位で測定してください。
・個人情報は、本報告についての問い合わせ、謝礼品等送付の目的の為にのみ使用いたします。


● 報告用紙(コピー可)のデータはこちら(画像データ)




標識放流について

標識放流調査の目的
  当研究では、世界中の海域に生息する大型浮魚類(カツオ、まぐろ、かじき類等)の資源に関する調査研究を行っています。

  漁船や調査船で漁獲されたカツオ、まぐろ、かじき類等に標識をつけて放流し、再捕された日時と場所、そのときの体長、再捕尾数により、魚の移動、成長、死亡率を知ることができます。
これらのデータは、魚を将来にわたって持続的に獲り続けられるかどうか、資源状態を診断する上で有用な情報を与えます。メバチ、キハダでは、近年、資源の減少が見られたため、より注意深く調べる必要があります。
なお、標識放流調査は、関係漁業者、関係自治体、その他関係機関のご協力のもとに、実施しています。

魚の成長放流時と再捕時の体長、経過日数より、魚の成長が推定できます。
魚の移動再捕された位置、日時より、どれくらいの期間でどれくらい、どこに、移動したかがわかります。
魚の減少率経過日数別の再捕尾数より、魚(個体群)の死亡率が推定できます。



使用している標識の種類
ダートタグ
通常標識(ダートタグ)
  ビニール製のチューブ型標識(黄色等)で、主として魚の背中につけられており、標識番号、連絡先等が書かれています。


アーカイバルタグ(メモリータグ、データ記録型標識)
  金属製の標識で、温度、水深、照度を記録し、再捕・回収されたら、これらのデータを読み取ることにより、詳細な遊泳行動がわかります。アーカイバルタグ(小型の水深水 温計もしくはコンピューターのようなものです)

主として、本体は魚の腹の中に埋め込まれていて、ケーブルがお腹から外に出ています。
データを読み取りますので、必ず標識本体をご返送ください。


ポップアップタグ(自動浮上型・データ記録標識)
  上記のアーカイバルタグとも類似していますが、設定した日時にタグが自動的に浮上し、人工衛星を通じて、位置、水深等の情報が得られます。標識の再捕、回収が不要です。ポップアップタグ

しかし、浮上する前にタグがついた魚を再捕した場合は、アーカイバルタグと同様にご返送ください。






これまでの調査で得られたデータから読み取れるマグロの生態
  南西諸島周辺にてメバチ、キハダ等の標識放流を実施。これまでにメバチ・キハダ合わせて8000尾余りを放流し、そのうち約750尾(9%)が再捕されています。(水産総合研究センター遠洋水産研究所)

放流、再捕位置にもとづく移動経路をみると、メバチ、キハダとも下の図のように、北東(九州、四国、本州沖)に移動しているものが多く見られます。キハダの一部は、南下して、フィリピン周辺にまで達しています。 まぐろの移動経路

  アーカイバルタグの再捕結果より、メバチは、昼と夜で遊泳水深が大きく変化し、夜間は浅く(おおむね 100m 以浅)、昼間は深い(個体にもよりますが、最大で 400m 前後)ことがわかりました。
まぐろの活動水深



標識回収、報告のお願い
  皆様のご協力のおかげで、すでに数多くの再捕報告が集まっており、非常に有用な情報となっています。しかしながら、より詳細な資源解析を行うために、さらに多くのデータが必要です。
また、再捕されたのに報告されない標識があると、偏った情報になってしまいます。

  つきましては、お手数をおかけしますが、標識を付けた魚を見かけたら、すべてご報告いただきます様よろしくお願いいたします。もちろん、ご報告いただいた分につきましては、すべて謝礼を進呈し、なおかつ、放流時の情報をお知らせいたします。

沖縄県水産海洋研究センター 海洋資源・養殖班
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎 1-3-1
Tel:098-994-3593   Fax:098-994-8703


カツオの標識回収にご協力ください

  国際水産資源研究所(旧遠洋水産研究所)と味の素株式会社は、西日本沿岸の海域でカツオの標識放流を実施しています。あなたの協力が資源を守ります。標識のついたカツオを発見されたらすぐにご連絡ください。渡嘉敷漁協も協力しています。

下記項目をご連絡ください

  1. 標識番号(アルファベット1文字+数字4文字)
  2. カツオの体長の測り方
  3. サイズ(尾叉長/体重)
  4. 漁獲日
  5. 漁獲場所
    (緯度・経度、あれば漁礁名も)
  6. 漁法(竿釣、曳網、手釣等)
  7. 連絡先
    (氏名・船名・住所・電話番号)

標識は2つあります
通常標識
  黄色い串状で、背中に1本(あるいは2本)付けています。通常標識標識番号が打ってありますので、2本付いていた場合は2本ともご報告願います。
可能な限り、標識本体をお送りください。

電子標識
電子標識   筒状の樹脂で出来ており、電子チップが内蔵されています。電子標識本体をそのままお送りください。
アンテナは無理に引っ張ったり切ったりしないでください。
腹内装着時はアンテナが外から確認できます。


標識のついたカツオを再捕された方は下記にご連絡ください

国際水産資源研究所ロゴ
国立研究開発法人  水産研究・教育機構記念品
国際水産資源研究所(旧 遠洋水産研究所)
かつお・まぐろ資源部 かつおグループ

  担当:木下、松本
  TEL: 054-336-6000
  FAX: 054-335-9642
  〒424-8633  静岡県静岡市清水区折戸5-7-1

● 渡嘉敷漁業協同組合員は、直接、当組合に報告でも可。ご協力を!
  一般の方が遊漁中に釣り上げた個体に標識が付いている場合もご協力願います!


漁業制度

漁業権とは、一定の水面(漁場)において、一定の水産動植物を一定の方法(漁具・漁法)により採捕・養殖して生計を立てる権利です。県の免許により設定され、排他的に営むことができます。また、この権利は漁業協同組合等が取得しています。
※ 水面をあらゆる目的のために独占的に使用したり、水面下の敷地を使用する権利ではありません。

漁業権には以下のような種類があります。

共同漁業権・シャコガイ漁業、イセエビ漁業、刺網漁業など
一定地域の漁業者が、一定の水面を共同で利用して漁業を営む権利
(沖縄県の場合は沿岸全域に設定されています)
区画漁業権・モズク養殖やクルマエビ養殖など
一定の区域内で、水動植物の養殖業を営む権利
定置漁業権・大型定置網漁業
水深15mより深い場所で定置網漁業を営む権利

このような漁業権に基づく漁業を営む権利を侵害する行為は、漁業法第143条に基づく漁業権侵害罪に該当することがあります。
マンガでわかる、漁業権について・PDF 4,916KB

お問い合わせ
<沖縄県>
  農林水産部水産課漁業管理班 ℡ 098-866-2300
  宮古支庁農林水産整備課漁港水産班 ℡ 0980-72-2365
  八重山支庁農林水産整備課漁港水産班 ℡ 0980-82-2342

<水産庁> 資源管理部漁業調整課
代表:03-3502-8111(内線6701) ダイヤルイン:03-3502-8476
FAX:03-3595-7332